息子の五月人形 小黒三郎さんの組木の五月人形

5月5日は、こどもの日ですね。
今日、息子の五月人形を飾りました。

息子の五月人形は、小黒三郎さんの組木の三段飾りのものです。
自然派医師の本間真二郎先生に出会ってから、自然な食べ物、自然な暮らし、自然な物を選ぶことを、強く意識するようになりました。だけど、それよりもっと前、息子が生まれてすぐから、おもちゃなどは自然な物を選んでいました。おもちゃはプラスチック製より木製の方が触り心地もよくて、見た目も素敵で、長く大切にできそうなので、自然とそちらに目がいきました。

小黒三郎さんの組木の五月人形に決めるまで、夫とおもちゃ屋さんに行ったり、ベビー用の本の特集を見たり、ネットで検索したり、かなり悩んだ覚えがあります。鎧付き兜にするか、兜だけにするか、木製の兜にするか、栃木県益子町の陶器市で見た益子焼の兜にするか、屋外の鯉のぼりにするか、室内用の鯉のぼりにするか…。

小黒三郎さんの組木にした理由は、大好きな木製、雛人形のような段飾りで他にはないデザイン、色味がやさしく可愛い、コンパクトに収納できる、パズルのように子どもが遊びながら片づけられる、もし妹が生まれた時はお揃いの組木の雛人形がある、という理由でした。

実際、自分の家に飾ってみると、部屋がパッと明るくなって、色味に癒されています。鯉のぼりのところは手で触ると揺れてとっても可愛いです。
大きめの地震で、人形を飾っている棚が揺れて人形が床に落ちることもありますが、1度も壊れたことはありません。ただ、細かいパーツが床に落ちると「あれ?1つ足りない?机の下かな?早く探してー!」という事はありました。

 

本当にコンパクトに収納できて、とっても軽いです。曲げわっぱの入れ物も素敵ですよね。
曲げわっぱを入れるのが右側にある茶色の箱、板類を入れるのが後ろにある段ボールの箱です。

息子が1年生になった年から、片づけは子供たちの担当ですが、収納の仕方の写真を見ながら楽しそうに片付けてくれます。片付けというより、パズル遊びの感覚なので「もう一回はじめから片付けたい」というくらいです。
本当に、この組木の五月人形に決めて良かったと思います。

ちなみに、娘の雛人形も小黒三郎さんの組木の五段飾りです。
五月人形と雛人形、どちらもお気に入りです。おそらく、子どもたちより私の方が気に入っています。

春のデトックス

私は年に1~2回、究極に体調が悪くなる日があります。

今年の春は、3月14日に始まりました!!

大量の鼻水、頭痛、つわりのような吐き気、関節痛、眠気など、風邪でも花粉症でもないのに物凄くしんどいのです。これは恒例の、季節の変わり目のデトックスです。花粉が多い日だったので、”まさか…完治していた花粉症の再来か…”と心配になりましたが、4日後にはすっかり元通りの元気な状態に戻りました。冬の間に溜まりに溜まった身体のゴミが、色んな症状として出ているだけだと思います。

私がこのデトックスをどうやって乗り切っているかというと、いろいろやっています。

まず初日。
鼻がムズムズして大量の鼻水が出て頭痛がしました。
鼻がムズムズする時は、鼻うがいをするようにしています。どくだみが生えている時期は、どくだみの葉を天然塩で揉んで柔らかくし、鼻に30分くらい詰めておくと、奥の方の鼻水がどろっと出てきますが、3月はまだどくだみの時期ではないので、鼻うがいだけです。鼻うがいは、水100ccに天日海塩1gを溶かした塩水で行うと、全然痛くありません。鼻がだいぶすっきりします。

そして、断食。
体調不良の時は断食が一番効く気がします。私は水と梅干しで丸1日過ごします。体調が悪い日は食欲もないので、お腹もあまり空かずに、梅干しだけで過ごせてしまいます。

2日目。
断食の翌朝もまだ鼻水ダラダラだったので、塩水洗浄も行いました。
塩水洗浄は、ぬるま湯1Lに天然塩9gを溶かして(体液とほぼ同じ塩分濃度)、一気に飲み干すというもの。まずいし、量も多いので、私は20分くらいかけて飲んでいます。飲み終えて30分くらいすると、物凄い便意が!!お腹が痛くない下痢みたいな状態で、何度もトイレに行きます。全部出し終えたら、腸がキレイになった感じがします。これを行う場合は、お腹が空っぽの時に、自己責任でお願いします。

この日の午後、つわりのような気持ち悪さ。関節も痛いし、相当眠い。
まだまだデトックスが足りないのだと思い、どくだみ茶や、ヨギティーデトックスを飲みました。吐き気対策にはレメディ(今回はNux-v.ナックス・ボミカ)舐めてみたり、無性にハチミツが舐めたくなってハチミツを舐めたりしました。眠気には勝てず昼寝をして、夜は子どもより先に寝ました。

3日目。
朝起きたらだいぶマシになっていて、ご飯が美味しいと感じたので、嬉しくなりました。
念のため、黒人参のサプリメントを飲みました。最後に、春が旬の山菜はデトックス効果があるので、フキノトウとタラの芽を食べました。

4日目。
身体も気分も、スッキリ!!
マスクをせずに外に出ても、一切鼻水が出ません。春のデトックス終了しました。花粉症じゃなくて本当にホッとしました。たくさんの人に「白砂糖と牛乳と小麦を控えて、油を変えたら花粉症は治るよ」と言っているのに、自分がまた花粉症なんてどうしよう…と、ちょっと不安があったので、本当に良かったです。

 

花粉症、身体のゴミが鼻水とともに出てきている状態だと思います。薬で抑えず、身体の内側から治すことができる症状です。私は20年間花粉症に悩まされましたが、食と生活の見直しですっかり良くなりました。最近は小学生でも花粉症の子が多いようです。食の見直し、生活の見直しがオススメですよ。

私は、鼻水、下痢、咳、発熱、湿疹など、身体から出てくる症状はデトックス(身体からのゴミ出し)、ゴミを出し切れば治ると思っているのですが、本当に薬に頼らなくても症状が出なくなります。この考えになってから「これを乗り切ればキレイな身体になれる!!溜まった毒を出すチャンス!!」と前向きな考えで過ごせています。子供たちも、鼻水が出たり、湿疹ができたりすると「昨日のお菓子かな…ドーナツかな…」と振り返って、症状と食を結び付けて考えるようになりました。なんだか成長しています。嬉しいな。

 

息子のアトピー、私の花粉症改善

自然派医師本間真二郎先生の指導を受ける前から、本やネットで調べて自宅でやっていたことは以下のことです。
給食と外食は許容していました。

  • 牛乳、乳製品をやめる
  • 白砂糖をやめる
  • 小麦をやめる
  • 化学調味料、食品添加物を控える
  • 本物の調味料を使う

 

本間先生の指導を受けて、追加したのは次のことです。

  • まごわやさしい食事
  • 油の見直し(ω3,6,9について勉強しました)
  • 一物全体食
  • 発酵食品を積極的にとる
  • 腸内環境を整える
  • 清潔にしすぎない

 

上記のことを実践していくうちに、息子のアトピーは2年程でよくなり、私は約20年苦しんだ花粉症と鼻炎がすっかり良くなりました。
私は産後、何度も副鼻腔炎になって点滴を受けたこともあるし、夫からは「365日のうち360日は鼻をかんでいる」と言われていたのがウソのようです。
そして、息子も娘も鼻水や中耳炎で耳鼻科に行っていたのに、今では耳鼻科へ行くこともありません。

アトピー、花粉症、繰り返す中耳炎で悩まれている方に、ぜひ食の見直しを検討していただけたら嬉しく思います。おそらく、その他の症状も改善すると思いますよ。